大人と子どもの線引き(17)

次の線引きは

子どもと
同じ目線で
恋愛の話をしない

ということです

小中学生の子どもの
同級生を同じ目線で
誰それがかっこいいとか
モテるとか

まるで
ご近所の男性かのように
大人同士で話すのも
おかしいです

もし男女が逆だったら
どうでしょうか

お父さん同士で
小3の女の子を
大人の女性かのように
「かわいいよな」って
うわさし合うのって
どうですか?

この異常さが
分かってもらえるでしょうか

娘が
好きな男の子の話を
ママにして

ママも応援して
バレンタインのチョコを
一緒につくる・・・

とってもほのぼのしていますよね

この光景が微笑ましいと
思うのは大人の観点です

子どもの目線に
降りてあげて
しゃがんで応援してあげてると
思っているのは大人だけで

子ども側は
ママがしゃがんでいるとは
思っていません

生徒と話して
感じることです

チョコ作りは手伝ってもいいですよ

まるで友だちのように
恋を応援するのは
やめた方がいいということです

なぜなら
親だから

立場の違いを
はっきりさせたいからです

 

--

 

今は小学生でも
テレビの恋愛ドラマを
見ていたり

少女マンガも
大人のような話になっています

耳だけ
恋愛観が成熟していて

体の成長も
昔よりずっと早いのです

けれど
判断力はまだまだ
未熟な子どもです

もっと真剣に
大人として教えないと
いけないことが
たくさんあります

体のことや
自分の身を守ることなどです

本当に大切なことを
いざというときに
真剣に話して
言うことをきかせるために

自分は大人であるという
立場を守っておく必要があります

以前、
わたしの生徒たちが
中学に入学し
初めての宿泊訓練を
終えたあと

人が変わったように
先生を見下して
偉そうなことを
言うようになったことがありました

まぁ
陰では言うでしょうけれど

わたしは
言い方や「急に」というところに
少し引っかかりました

話を聞いていたら
ある女性教師が
宿泊訓練中に
女子の部屋で
自分の恋愛話をして
みんなでそれを聞いた

ということが分かりました

それを
話しやすい友だちみたいな先生と
とる方もいらっしゃるかも
しれませんが

皆さんはどう思いますか?