大人と子どもの線引き(15)

タムくんのケンカの
解決について
おたよりをご紹介します

高校生が学校つまらないから、いきたくないと、言い出した場合は、どう対応したらいいですか?

発達凸凹の子にも同じように、「では、出て行きなさい。」
で、いいんでしょうか?

「出て行け」というのは
言葉の例でしか
ありません

不登校の解決策では
ありません

発達に凸凹があっても
高校生であっても

いちばん大切なことは

よく観察する

ということではないでしょうか

先日、
こんな相談を受けました

子どもが幼稚園で
ひとりぼっちで
ご飯を食べた、と
言ったのだけど

先生たちに確認したら
そんなことはない、と

どこまで
子どもの言うことを
信じたら良いのか
分からない

皆さんだったら
どうしますか?

一緒に
考えてあげて
くれませんか?

 

--

昨日のご相談にお返事です

何人かでその場に居ても、ひとりぼっちに感じた。
ということでしょうかね?
その旨先生に伝えて、可能ならば先生にその席の近くで一緒にお昼を食べて、様子を観察していただくようお願いする。

 

その時は、そうなんだ。と一旦話を終わりにして、他のときにおおむね元気だったら様子を見ます。
そして忘れた頃にそれとなく、ピクニックごっことか、おままごと遊びに誘います。遊びを通して、お友達のなかの子どもはどんななのか見えてくるかな~って。

 

子どもの言葉には、必ず意味があると思います。
本当も嘘も、信じる信じないでなく
どうしてその言葉を言ったのか、私だったら考えるかな。と思います。

もしかしたら、お友達とご飯を食べていても、心は寂しかったのかもしれないって思うかもしれません。
でも、それを本人に直接は言わないで、
先生や家族に共有してみたり、
日常のなかでの子どもの欲求(あれして欲しい、これが欲しい)に、なるべく寄り添おうと努力するかなーと思いました。