0才のはなし(4)

会社を辞めて出産を待つ毎日、

わたしがやっていたのは・・・

🎮ファミコン!!!!🎮

でした

昨日の絵文字にヒントが隠れていたのです!

若いお母さん、ファミコンって知ってますか?
その当時だって既にレトロなゲーム機です

そのくらい、何をやればいいのか本当に知らなかったんです

どうしよう、どうやって生んだらいいのか何も知らないや

という状態で、唯一の情報源は数ヶ月に一度の母親学級でした

産院の助産師さんから講義を受けて出産のことを習いました

ものすごく不安で怖かったある日、

わたしが雷に打たれるような衝撃を受けた言葉がありました

あっ、そうか、
それなら
わたし、産める!!
何をやればいいか分かった!って
一瞬で思いました

思いもよらないことでした

それをおっしゃった助産師さんにも想像つかないかな

その言葉は明日・・・🌸

 

--

わたしが衝撃を受けた言葉

それは

「赤ちゃんは産道を通れるように上手に向きを変えて回転します」

です

そのときわたしはこんな風に思いました

「わたしは出産が怖い、分からないと思っていたけれど
それはわたしの視点であって

赤ちゃんはもう、どうやって産まれるか自分で知っていて

わたしが教えなくても自分でやってくれるんだ

だから、せめて邪魔をしないために無知な母親は呼吸などを習うんだ」

って

産む
じゃなくて

産まれる
なんだ

赤ちゃん「が」向きを変える

そうか!
既に赤ちゃんは
主語になれるんだ!!

わたし「が」ちゃんとする
じゃないんだ!!

語学オタクのわたしには衝撃でした🔥

 

--

出産を
主語と述語で
理解する

意味もなく五七五にしてみましたけど(笑)

当時は、それを共有する相手もいなかったので、自分が変だと知らなかったのです

赤ちゃんが自分で産まれるんだから

わたしは邪魔をしない

それしか考えていなかったので、毎日ファミコンをやって赤ちゃんからの合図をお待ち申し上げていたわけです(笑)

そんなこんなでお産を終えた瞬間、

いよいよあの言葉、

あぁ、
ついに死ねるように
なってしまった

と思ったんですね

さぁ、皆さんの予想です

🌻自分の命よりも大切なものがうまれた(この子の為なら死んでも良い的な)

🌻今まで感じたことのない痛みの陣痛を乗り越え産んだ今の自分は最強の母だという自信と子どもの為ならなんでもしてやるぞ(死ぬ覚悟で)という強い決心を感じた ということだと思います。

🌻思い残すことはない。

🌻生物として、子孫を残したから自分の果たすべき役割は終わった、という意味ではないでしょうか。もう死んでもいいんだ、大丈夫なんだ、みたいな