子育てでいちばんよく使う言葉(3)

 

「そうなの。」の使い方レッスン

3つのポイント

(1) 感情をニュートラルに
(2) 肯定も否定もしない
(3) 待つ

まず、


(1) 感情をニュートラルに

これだけ聞くと「冷たい!感情を込めて返事してあげないなんて、子どもがかわいそう!」と思われるかもしれませんね

ぜひ、試しにやってみてください
「感情を込めない」というのは、「無表情で冷たく言い放つ」とは違います
大好きな相手に「あなたは今、何かを言っているね」と思っただけで自然に優しい顔になります

その自然な顔で自然なトーンで静かに「そうなの。」と言います
子どもはとっても嬉しそうな顔をするはずです
なぜかというとこれこそまさに「受け入れられた」という感覚だからです

 

(2)肯定も否定もしない

「そうなの。」に似ているけれど「そうだね。」は、子どもにとって意味がまったく違います
「そうだね。」は完全な同意なので「ママのお墨付きをもらった」、すなわち「正しい」という意味が加わってしまいます

「そうなの。」は、良いとも悪いとも正しいとも間違ってるとも思わず、同意も理解も示さず、ただただ、「あなたは今、そう言ってるんだね」という「認知」を表すのです

やってみると意外と難しいことに気づきます
なぜなら、わたしたちは親になると子どもの行動や考えすべてに善悪のジャッジを下すのが親の役目だと思っているからです

それが無意識のプレッシャーになってるんですね

 

(3)待つ

実際に「そうなの。」を使ってみると、きっと何かひとこと付け加えたくなりますよ

たとえば
「そうなの。それで?」
「そうなの。なんで?」
「そうなの。良かったね」
「そうなの。ひどいね」

言われてみると分かりますが、ひとこと加わると、相手の出方が分かって安心しませんか?

たとえば愚痴や悪口を言っていて「そうなの。ひどいね。」と言われるとヒートアップするし「そうなの。それで?」と言われると続きやオチを考えるし、話がどこへ向かうかを相手にコントロールされてしまいます

子どもに「そうなの。」と言ったら、間が空いてもそのまま待ってください
子どもは言いたいようにしか言いませんから、「間が空いた!」なんて気にしません
続けるか終わるか身勝手なほどに自分で決めます