0才のはなし(11)

最後に0才児についてもうひとつ

これは
自分でもどこで聞いたか出所が不明な話です

タモリさんがテレビで言っていたような?

それはこんな話です

--
偽札を見破る職人は
どうやって技術を身につけるかというと

あらゆる偽札の手口をストックするのではなく

来る日も来る日もひたすら本物を触って見る

すると、あるとき
偽札が混じっていると
一発で分かる
--

誰か聞いたことある人いますか?

真偽のほども定かではありませんが

0才児ってそれに似たところがあると思うんです

0才だから何も分からないだろうと
どうでもいいものを与えていると
それに慣れてしまう

0才だからこそ真っ白な感覚に

質の良いものや
本物を見せたり
聞かせたり
触らせたり
食べさせたり

すると、
質の良いものを嗅ぎ取り見分ける力を持つのではないか

親も
最初は分からなくても、見続けているうちに

目や耳が肥え
本当の価値に対する金銭感覚も養われてくるのではないか
と思います

 

--

今月は、0才児について書きました

わたしの言いたいことは

(1)0才児にも特徴や能力があること

脳科学の分野では大人よりすごいことも)

(2)0才からひとりの人間として尊重を始めること

です

わたしは食と絵本をコアにしました

それ「だけ」ということはもちろんありませんが
「これは大事にするぞ」というものがあると

右往左往にも重心が生まれると思うのですね

「これをコアに育てると良い」という正解を見つけるためではなく

何か自分なりの指針を据えて育児を見つめてみる

すると
いろんなことが分かってきます

自分はブレやすいとか

睡眠不足が続くとテンパってしまい指針を忘れてしまうとか

テレビや雑誌の影響を受けやすいとか

何が得意で何が苦手なのかとか

それを知るだけでも
知らないでバタバタするのとずいぶん違います

自分で考え
自分で行動を起こしてみると
あちこちに味方の知り合いができて
助けてくれます

自分なりの指針があれば
その方向へ導いてもらえます

 

--


0才児でも尊重する

と書きましたが
言葉ではフムフムと思っても
なかなか難しいはずです

なぜなら
わたしたち日本人って
あまり「他人を尊重する」って体験していないからです

単一民族、単一文化の時代が長かったからです

けれど
子育て界では「尊重するのが良いこと」とさかんに言われた結果、

こういう保護者が増えているように思います

◯子どもに振り回される
◯子どもになめられている
◯なんでも子どもに聞く
◯コロコロ言うことが変わる
◯外部への要求が多い
◯子どもの相手でぐったり
◯子どもが言うことをきかない
◯子どもが親に暴力をふるう(2才くらいで)

「しつけがなってない」と
ひとことで片付けることはできません

なぜなら
とても教育熱心で子育てについて一生懸命考えている方も多いからです

尊重することと
言いなりになることは違います

来月は

[大人と子どもの線引き]

についてお話します

あなたはどう考えていますか?
気をつけていることはありますか?

0才〜3才の子育て/勉強法

まだしゃべれない赤ちゃんの気持ちをマンガのセリフで聞くことができ、じーんとします。

信じて育もう、って思えると思います。

 

0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

 

 

勉強の仕方を知らない、ノートの取り方を知らない中学生が増えてます。

誰でもノートが取れるように、と、一字一句教えた結果、なんのために取るのか分からないまま、言われた通りに書き写しているからです。

とはいえ、この本を読んで、親が教えるのも限度があるかなと思います。中高生だったら、これを読ませて自分でやらせてもいいかもしれません。

子どもに教えてあげたいノートの取り方

子どもに教えてあげたいノートの取り方

 

 

 自分のやる気が出ました!やらなくちゃいけないことがあるのにダラダラと時間が過ぎてしまう方におすすめです。

教科書をサラサラと「覚えよう!ここは大事!」などと考えずに、ただひたすら読むと、7回目にはだいたい頭に入ってる、ということなのですが、確かに、考えてみたらほとんどの子が1回ですら教科書を通し読みしたことなんかないように思います。 

最初は「たった7回?」と思ったけど、7回読むって実はかなり大変で、かなりの勉強量になるかもしれない、と思いました。

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

 

 

0才のはなし(10)

お約束通り、

親子関係が悪化して解決しようにも糸口が見つからない

というときのとんぷく薬を処方します

お子さんに対して何が起きても

「いいよ」

と言ってみてください

「そんなことできない!」と思われますよね?

たとえば
高額なものを買ってくれ、
と言われたら?

「いいよ」と買ってください

もし、
それができないのであれば
あなたの悩みはそこまで深刻ではない
ということです

本当に糸口がなくてなんとかしたいならやってください

わたしだったら
本気ならいくらでもお金を出します

だって
そこまで来てるんだから

あなたが本気でどんなことにも「いいよ」と言えたら

たいがいは改善するはずです

もし、
本当にすべて「いいよ」で返しても悪化の一途を辿るようなら

お子さんは本当に苦しんでいます

それだけ、
これまでの膿が溜まっているということです

 

--

「いいよ」と言ってはみるものの
ものすごい抵抗を感じて言いにくい場面が出てくると思います

「こ・・・、これは
いいよとは言いたくない・・・」

そこが
あなたとお子さんの歯車が噛み合わなくなった根源です

とんぷくは
所詮、
とんぷくなので

根本解決にはなりませんが

悩みに立ち向かう体力をつけるためには有効です

その代わり、
やるなら覚悟を決めて思い切ってやる

それが大事です

言ったり言わなかったりするくらいなら
子どもを翻弄するだけなので
やめてください

言うときは
変な作り笑顔は要らないので

「本当に解決したいんだ」という気持ちで

真剣な表情で
まっすぐに
子どもを見て言ってください

これをやる毎日で
既に
気づくことや考え直すことが
いっぱい出てくると思います

「子どもを甘やかしていいのか」
とか
数々の反対意見もあるかと思いますが

本当に困っている方の中には

常識的な理想を言っている状況ではない

という場合もあります

やるなら
徹底的に

これがコツです

0才のはなし(9)

数多くの妊婦さんに接しているご職業の方からおたよりです

 

✉️私も含め育てなきゃって思うから、コントロールしたりして。おかしなことも勃発するんだろうなぁってよく思います。

親もお母さんの自分を成長させ、育んでいけばいいんでしょうね。

私が産まなきゃって思ってる妊婦さん、多いですね。

 

 

先日、
教室の保護者さんから

「先生はどんな風に育てたのですか」と聞かれて

「10年前の自分、9年前の自分と
1年ごとに自分を立たせて順にビンタしたい

子どもはずっと変わってないのに
余計なことをしたのはいつもわたしだった」

と答えたんです
ビンタは冗談ですけど😁

子どもの育つ力がとても強かったことに
ただただ感謝しています

わたしが良かれと思って
「◯◯すれば△△になるから絶対にダメ!」と
反対したことに対して

決してくじけなかったですね

何度でも何度でも
「お母さん、あの件だけど」
と自分の選択を伝えてきました

子どもがわたしに屈しなかったので、かろうじて今があります

 

--

「何から聞きたいか」という質問にお答えありがとう

来月は、もっとも希望の少なかった

[大人と子どもの線引き]

の話をします

意地悪しているのではなく
これがネックになって悩みを引き起こしているケースがとても多いのに

意識している人がほとんどいない、という課題だからです

「聞きたい」人がもっとも少なかったのも
その表れですね、きっと

教室の保護者さまに

「わたしの話で
何が一番、印象に残ってる?」

と聞いたら

もちろん、
「全部」とか
「いろいろ」とか
おっしゃってくださるのですが

「大人と子どもの話」

という意見がとても多かったのです

「良いと思っていたことと違った」と・・・

それから

「今、まさに親子関係悩みの真っ最中!」

というSOSも
意外とたくさん届いています

ひとつひとつ
おはなしを積み重ねていきたいのですが

明日は、とりあえずのとんぷく薬を処方いたします(笑)

 

--

 

0才のはなし(8)

わたしが出産を待つ間ファミコンをやっていたと知って・・・

✉️先生はゲームとかしないイメージだったのでびっくりしたし新鮮でした。

 

✉️何をしていいか、わからなかったから、何もしなかった。

かな?

でも、先生らしくないというか、先生のイメージはアクティブたから、ちがうかな?

 

ふふふ

わたしと実際に会ったことのある方々のおたよりですね

こんな偉そうなメルマガを発行していると

さぞかし立派な母親だと思われることでしょうね

ここで皆さんを安心させてあげるために

数々の駄目エピソードを公開しても良いんですが
それは無意味だと思うんです

だって
わたし自身も
わたしの子どもも
皆さんとは違うんだもの

わたしは自分のことも
とてもニュートラルに見ています

常に立派でもないし
常に駄目でもない
それでいいと思ってます

違う点は
先生として大勢の生徒の生育を見てきた経験です

正解を教わるのではなく
体験を味わうつもりで読んでくださいね

 

--

「赤ちゃんが回転する」と聞いて衝撃を受けたというおはなしを配信した日・・・

 

今日のお話、いままでここで聞いてきたことがなんとなく繋がったような…

赤ちゃんはゼロで何も出来ないし、やってあげなきゃいけない

これは間違いですね

 

 

そのように感じてくださって嬉しいです

ひとつひとつの表面的なノウハウを積み重ねて育児があるのではなく

芯になるもの
親の覚悟
判断基準
ポリシー

そういうものを自分なりに構築する

というのがわたしの伝えたいことなんです

実は、
とても長いお悩み相談のメールをいただいています

期限もある内容なのでお答えしてあげたいのですが

その前に
お伝えしたいことがまだいくつかあるんです

◯大人と子どもの線引き
◯「好き」の保険
◯自分の親の呪縛
◯学校の先生とうまくやる
◯黒い部分を認める

この考え方は、先に知っていて欲しいのです

なぜなら
教室の保護者さんの悩みは
ほとんどこれで解決するからです

あなたはどれから聞きたいですか?

 

--

「赤ちゃんが自分で産まれる」というおはなしについて・・・

 

✉️私は帝王切開だったからなのかそういう感覚はなかったです。

破水も陣痛もなかったですし、産道通ってないし。

でも本人は産まれる準備をして、産道通るつもりだったんだろうなぁって思いました。

 

 

じーんとしました

「本人は通るつもりだったんだろうなぁ」

こう思ってあげることがとっても大事だと思うんですね

わたしは
2人目と3人目が帝王切開でした

忘れていたけど思い出しました

2才になった頃に
「どうやって生まれてきたの?」
と聞いてみたら

「寝てたらいきなり明るくなって
すごく怖かった」

と言いました

それが真実かどうかはどうでも良いのです

そのときわたしは

「産まれようと思っていなかったのに
いきなり手術室の蛍光灯にさらされたんだなぁ

産道を通った子と
違う子育てになっても当然だな」

と思いました

申し訳ないとは思いませんでした

ただ
違うと思って接しよう、と思いました

0才のはなし(7)

今月の
PHPのびのび子育て増刊号
「男の子」の育て方

 

巻頭の
山本ふみこさんのエッセイにこんなことが書いてありました

わたしは自分に嘘をつきました。(略)

もっとジタバタし、身悶えすればよかった・・・。

わたしは悩むことを怖れるあまり、平気を装ったのだと思います。

そのため、いくつかの宿題がやりきれぬまま残っているような気がするのです。(略)

一見よからぬ事ごとは、それを認め、受け容れてはじめて、変えられるのだと、子どもに教えたいじゃありませんか。

 

宿題を溜めないように
すべきときにジタバタしておいてください

実は
0才の育児で、その後につながるもっとも大事なことは

愛着を形成すること

です

このために
ジタバタは何より大切です

傷みや覚悟も伴うので
愛着のお話はもっとずっと後にします

 

--

おたよりをご紹介します🌸

✉️私自身は、家族や親しい友人、職場、ママ友など、人によって性格というか接し方が変わってしまうので、未だに自分らしさって何だろうとか、人の顔色をすごく気にする性格なので、人間関係でなんだか息苦しさを感じる時もあります。

子供自身が、これが素なんだって思える場所がある、それを自覚できるって凄いですよね。

「そうなの」という相づちは、おうむ返しとはまた違いますか?いいことも、悪いことも子供が話す通りに〇〇なのね。と返すと、そこには感情が入ってしまいやすいでしょうか?

 

✏️私の言う「ニュートラル」の本質を捉えてくださっているので

ぜひご自由にやってみてください

わたし自身は

言葉って思考だと思っているので

ちょっとした言い回しやイントネーションも

わたしが発した途端に変わってしまうような気がして

慎重になります

言語のやり取りが対等にできるようになったら

「わたしの言葉で言うとこう思っているけど
あなたの意図に合っている?」

と確認するときに使います

 

--

🌸皆さんの0才育児体験です

 

✉️子供が0歳のとき…

里帰りせず、というより、自分はしたかったけどできず だから上の子のときは本当に毎日毎日綱渡りのような日々。

その連続で、いつの間にか半年や1歳に。

イライラもしたし、周りのキレイなママさんや友達と自分を比べては、疲れた顔の美容院も行けずボサボサな自分に嫌気がさしたり

でもなぜか、私は子供たちにとって、いつも楽しいおもしろいママでいたいなという気持ちは持っていました。今も。

 

 

✉️初めての育児に戸惑い、不安な日々を送る毎日でした。

特に記憶に残ってるのは、毎日毎日ネットで検索をしていたことです。3ヶ月の成長具合って??まだハイハイしないけど大丈夫かな離乳食全然食べないんだけど悩んでることを検索して、周りと比べて、さらに不安になる。それは暇さえあれば、、、という感じで。今思えば不毛なことをしていたなーと思います。

 

 

✏️通り過ぎてようやく分かることってあるんですよね

0才のはなし(6)

つまり
どういう人間にするか
ではなく

どういう人間になろうとしているのか

謙虚に観察して「発見」しなさい、ということですね

ごく一般的な育児観とはずいぶん違う、
もしかしたら真逆にも感じられるような説だと思いませんか

残念ながら、
わたしがこの本を知ったのは
子どもたちがだいぶ成長してからでしたが、
0才児を育てているうち、
あるいは、
妊婦のうちに読んでいれば、
ずいぶん勇気が湧いただろうと思います

じっと落ちついていれば
赤ちゃんが誘導してくれる
ということですからね

昭和10年頃に書かれた文章なので、
耳馴染みのない難しいことばもありますが、
「美しい日本語とはこういうものをいうんだろうな」と
心が清らかになるようです

日々のお世話に追われることは同じかも知れませんが
どこへ向かって育てていけばいいのか
指針が見えるように思います

明日は、音楽教室の先生ならではの本をご紹介します

 

--

わらべうたで子育て
入門編

「わらべうた」で子育て 入門編 (福音館の単行本)

「わらべうた」で子育て 入門編 (福音館の単行本)

 

 

わらべうたは
生活の中から生まれた伝承歌なので
子育ての知恵がたくさん詰まっています

この本は
それぞれのわらべうたにどんな意味があるか
子育ての視点で解説してあります

それも"おさなごを発見せよ"に通じるような
赤ちゃんを人格として尊重した考え方ですので
とても参考になると思います

すこし引用してみましょう

遠野には、「意地のあるわらし(子ども)になるように」と、泣くのをがまんさせたり、意地を持たせる「はやし唄」がいくつもあります。

 

 

どうですか?
意地を育てるなんて、思いもよらないと思いませんか?

でも
生きるには必要な力です

わらべうたで子育て
応用編

「わらべうた」で子育て 応用編 (福音館の単行本)

「わらべうた」で子育て 応用編 (福音館の単行本)

 

 

私たちは、「子どもの顔はさわらない」と教わったでやんすよ。あなたの鼻はここと、つついたり、さわったりしない。赤ちゃんでも顔は尊重しねばなんない。

みだりに人の顔サ、さわるもんじゃないんですよ。人はみんな一人の個人だから、赤ちゃんでも。

 --

赤ちゃんを尊重するなんて
早すぎると笑う方もいるかもしれません

わたしは数多くの子育てを見つめてきて、

何か起きても立ち向かう親と
いつまでも解決しない親と

違う点はひとつだけだと思ってるんです

それは

早いか遅いか
動くか動かないか

それだけです

〜には早すぎると手を付けないでいる人は
その後、いつになっても手を付けそうな気配はありません

じゃあ、いつになったらやるのか、
明確な指針のないままに先延ばししているに過ぎないからです

バタバタと行き当たりばったりのお世話だけで

毎日があっという間に過ぎて、もっと他のことをしてあげることが良い育児だと思っているあなたに

その時期をだいぶ過ぎたわたしが思うことは

そのバタバタこそが今やっておくべき大切なプロセスだということです

おしゃれして余裕でおでかけする素敵ママではなく

この子は
どう生きたいのかな
何をして欲しいのかな
と探しながら

右往左往することこそが
あなたを“親”にするのだと思うんですね